胃心地いいね

ベトナム料理の優しい風味 石垣市崎枝「石垣商店」

2016年4月15日 09:30

 石垣島屈指の景勝地・川平湾に向かう手前の崎枝集落。サトウキビ畑と牧草地が広がる静かな集落に1月、本格ベトナム料理店がオープンした。

あっさり味の「県産鶏のフォー」(手前)と「県産鶏のベトナムカレー」(奥)

あっさり味の「県産鶏のフォー」(手前)と「県産鶏のベトナムカレー」(奥)

 石垣喜幸(よしゆき)さん(40)が、祖母が経営していた商店の跡地にカフェを新築。店名もそのまま引き継ぎ、妻の千彩さん(45)が腕を振るう料理が評判を呼んでいる。

 東京で音楽活動を続けていた喜幸さんがベトナム料理店でシェフをしていた千彩さんと出会い、その優しい味わいに感動。「いつかは石垣に戻る」と考えていたが、「この料理を島の人に食べてもらいたい」と新たな決意が加わった。

 ベトナムと沖縄は気候が似ていて、パパイアやゴーヤー、ヘチマ、空心菜などベトナム料理に欠かせない野菜も簡単に手に入る。千彩さんは「暑い気候に合う料理。地産地消もできて沖縄にぴったり」とアピールする。

 鶏がらと香味野菜、スパイスをじっくり煮出したあっさりスープが癖になる「県産鶏のフォー」(750円)、こってり好きは「美崎牛のフォー」(850円)がおすすめ。トマトベースの「ホアモックカフェハンバーグランチ」(850円)、「美崎牛のベトナムシチュー」(千円)は女性に人気だ。プラス250円で生春巻きやドリンクが付くセットにもできる。

 台湾の高地に自生する仙草を使ったベトナムぜんざいの「仙草ゼリーのチェー」(400円)など、珍しいスイーツも取りそろえる。

 喜幸さんは昨年、崎枝公民館長に就任。若い力で地域おこしにも尽力する。「繁盛節の歌詞にも出てくる美しい集落を盛り上げたい。若い人が戻って来たい、移り住みたいと思える崎枝にしたい」と前を見つめている。(社会部・新崎哲史)

 【お店データ】石垣市崎枝239の68。ランチは午前11時~午後2時半、カフェタイムが午後2時半~4時。不定休。休日はフェイスブック「石垣商店」に掲載する。電話0980(88)2588。

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪に出場する県出身選手の活躍を早く詳しくお伝えします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。