世界遺産に登録されている沖縄県今帰仁(なきじん)村の「今帰仁城跡」の主郭東側城壁の石垣が幅約9・7メートル、高さ約6・4メートルにわたって崩落しているのが、3日までに分かった。今帰仁村教育委員会によると、台風7号による雨などの影響という。