「若い頃の自省を含めて」-。沖縄県内の子どもの貧困に役立ててほしいと、60代とみられる男性が15日午後3時ごろ、那覇市の沖縄タイムス社を訪れ、「こども未来プロジェクト」の支援金として現金100万円を寄付した。