熊本地震を受け、国立病院機構琉球病院の精神科医や看護師ら4人でつくる「災害派遣精神医療チーム(DPAT)」先遣隊が15日午後に熊本県に入った。沖縄県内からの派遣は初めて。精神科病院に入院する患者の搬送や、被災者の心理的ケアなど現地活動の拠点となる熊本県庁内の「DPAT調整本部」に常駐。