沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古「土砂投入を許さない」 オール沖縄会議、ゲート前で2千人集会

2018年7月7日 14:08

 辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議は7日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で「ジュゴン・サンゴを守れ! 土砂投入を許さない! 辺野古新基地建設断念を求める県民集会」を開いた。主催者発表で約2千人以上が参加。土砂投入で希少なサンゴ類やジュゴンなどが生息する海草藻場を破壊させない―などの集会アピールを採択した。

辺野古新基地建設断念を求め、ガンバロー三唱の気勢を上げる県民集会参加者=7日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 集会では、翁長雄志知事のメッセージが読み上げられ、「政府はなりふり構わず埋め立て工事の既成事実をつくり、県民の諦めを誘おうとしているが、私たちは決して諦めるわけにはいかない」と指摘。辺野古に新基地を造らせないとの決意はみじんも揺らぐことはないとし、法的観点から検討して、環境保全措置などについて看過できない事態となれば「ちゅうちょなく必ず承認撤回を決断する」と改めて強調した。

 沖縄防衛局は8月17日以降に最初の埋め立て土砂を辺野古沖に投入すると県へ通知している。

 オール沖縄会議は8月11日午前11時から奥武山公園陸上競技場で、埋め立て土砂投入に反対する県民大会を開く。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS