沖縄タイムス+プラス ニュース

「私の決意は揺るがない」翁長沖縄知事、辺野古新基地でメッセージ

2018年7月8日 11:22

 7日に名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で開いた「ジュゴン・サンゴを守れ!土砂投入を許さない!辺野古新基地建設断念を求める県民集会」に寄せられた翁長雄志沖縄県知事のメッセージは次の通り。

翁長雄志知事(資料写真)

 政府はなりふり構わず埋め立て工事の既成事実をつくり、県民の諦めを誘おうとしているが、私たちは県民の財産と生命、将来の子や孫の安心や安全のため、決して諦めるわけにはいかない。多くの皆さんの関心事は、いつ(埋め立て承認を)撤回するのか、だと思う。皆さんの思いは私の胸にもしっかりと届いている。

 辺野古に新基地を造らせないとの私の決意はみじんも揺らぐことはない。法的観点から丁寧に検討しており、環境保全措置などについて看過できない事態となれば、私はちゅうちょなく必ず撤回を決断する。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気