最大震度7を観測した熊本県では17日も大きな余震があり、住民らの緊張が続く。沖縄タイムスの電話取材に応じた沖縄県出身者らの声にも、疲労がにじむ。