災害NGO代表で沖縄出身の男性は車に物資を乗せいち早く熊本入り 余震が続く中、暗闇で不安がる人々にヘッドライトを配り励ました 発電機を独自に手配するなど益城町住民の安心確保に奔走している