沖縄県と関係市町村、外務、防衛両省と在沖米軍が米軍人の事件事故防止に向け対策などを話し合うワーキングチームが19日、外務省沖縄事務所であった。  3月の米兵による暴行事件を踏まえ、沖縄側からは米軍の外出や飲酒を制限した「リバティー制度」の実効性へ疑問の声が上がった。