【糸満】糸満市照屋の山林跡で21日午前10時半から、米国製250キロ爆弾1発の不発弾処理がある。ことし2月に磁気探査で見つかった。  避難対象は現場から半径283メートルの住民85世帯の251人。午前9時半から避難誘導し、午前10時半から周辺を交通規制する。