会計ソフト開発のITベンチャー「freee(フリー)」(東京都、佐々木大輔代表取締役CEO)は13日、那覇市のタイムスビルで会見し、「大御所風の民謡歌手」護得久栄昇さんを起用したCMをお披露目した。沖縄限定で16日から9月30日まで、計4種類を放送予定。

freee(フリー)の新CMをPRする護得久栄昇さん(左)と同社の沢村真治さん=13日、那覇市のタイムスビル

 フリーの会計ソフトは、特定の相手先への支払いを自動で「仕入れ」「交通費」などと認識する人工知能や、領収書をスキャンまたはカメラ撮影すると自動で文字に変換する機能などを備える。サービス開始から5年間で、中小企業や個人事業主を中心に全国100万事業所で採用されているといい、事業主の多い沖縄でも普及を目指す。

 会見で、フリーでPRを担当している沢村真治さんは「会計ソフトを通じて沖縄の経済を元気にしたい」とあいさつ。護得久さんは、CM放送中の約3カ月間、「護得久フリーで昇」としてひと肌脱ぐ覚悟を語り、「CMに私を選んだことを褒めてあげたいね。ちょっと来なさい」と大御所感たっぷりに沢村さんを抱きしめた。