熊本県で被災した沖縄県出身で八代市の秀岳館高校野球部とサッカー部員合わせて13人が20日、一時避難のため鹿児島経由で那覇空港に到着し、家族らに出迎えられた。  3月の春の甲子園に出場した那覇市出身の3年生、宮平保汰さん(17)は「経験したことのない揺れに遭遇し、声を掛け合いグラウンドに避難した。