熊本、大分両県を中心に相次ぐ地震で、土砂災害などの二次災害を防ぎ、復旧を支援するため、沖縄総合事務局は21日、災害危険箇所を調査する職員5人を緊急災害対策派遣隊(TEC―FORCE)として九州へ派遣した。