沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古ゲート前 抗議の座り込み656日目

2016年4月22日 10:32

 【名護】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ新ゲート前では22日午前9時すぎ、新基地建設に反対する市民らが朝の抗議活動を始めた。「辺野古の海を未来に残そう」「安倍晋三政権は新基地建設を断念せよ」とこぶしを突き上げた。

新基地建設に抗議の声を挙げ、歌を歌って団結を誓う市民ら=22日午前9時20分ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ新ゲート前

 さらに「国は工事を中止すると言っているが、基地建設を断念するとは言っていない」と行動の継続を再確認した。座り込みは656日目。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS