沖縄戦で看護要員として動員された積徳学徒隊の元学徒で、当時の体験を語り部として伝え続けた仲里ハルさんが19日午前6時5分、急性心不全のため那覇市内の病院で死去した。89歳。旧下地町(現宮古島市)出身。告別式は21日、那覇市内で終えた。