沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古県民投票、署名6万5926筆に 収集終了 想定される今後の流れ

2018年7月24日 07:45

 名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票の実現を目指す「『辺野古』県民投票の会」(元山仁士郎代表)は署名期限の23日、これまでに集まった署名が6万5926筆(22日午後9時現在)に達したと発表した。1996年の米軍基地の整理縮小などを問う県民投票と比べると1・9倍増加した。

想定される県民投票まで流れ

 署名は条例制定を求めるために最低限必要な有権者の50分の1(約2万3千筆)を4万筆余り上回っている。同会によると、署名は8万筆に達する見込み。

 24日以降に集めた署名は無効となる。同会は集計作業を進めており、25日までに同会事務局に署名簿を郵送か直接持参かで、届けるよう求めている。

 最終日の23日は、同会の請求代表者ら約20人が那覇市のパレットくもじ前で署名の協力を呼び掛け、元山代表が「将来を左右する辺野古の基地問題を議論し、一緒に決めていこう」と訴えた。

 集めた署名は8月2日までに市町村選挙管理委員会へ提出。同選管が20日間かけて署名の有効・無効を審査し、有権者の50分の1に達していれば、条例制定を知事に請求できる。

「県民投票」これまでの記事一覧


「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気