去年は終戦70年にちなんで戦争体験を描いた。今回は別の写真を見ながら書いている。B29や炎上した幼稚園を全く連想させない。この角度からは情緒的感覚を通して見えるのが、生まれ育った町である。名護湾がよく見えるこの場所は「ナンナンぐすく(城)」と呼ばれ、長い坂の階段の桜並木が実家からよく眺められた。