沖縄空手

空手国際大会まで1週間 申込者数は3500人

2018年7月26日 08:52

 「第1回沖縄空手国際大会」(主催・同実行委員会、沖縄県、沖縄伝統空手道振興会)は25日、8月1日の開幕まで1週間と迫った。県の山城貴子文化スポーツ統括監と山川哲男空手振興課長が同日、開催をアピールした。

(資料写真)沖縄空手会館

 大会は那覇市の県立武道館と豊見城市の沖縄空手会館を会場に流派ごとの伝統の「型」を競う。申込者数は50カ国・地域から競技と沖縄空手セミナーを合わせ、延べ3500人。2009年の沖縄伝統空手道世界大会より千人以上多く、県主催の空手国際大会としては最大規模。

 競技・セミナーとも観覧は無料。会場には大型ビジョンも設置する。期間中は、那覇軍港を臨時駐車場に軍港から2会場を往復するシャトルバスも走らせる。問い合わせは実行委員会事務局(空手振興課内)、電話098(866)2232。

【全沖縄少年少女空手2018】輝くあなたが写っているかも!

 

 「沖縄タイムス フォトギャラリーDL」では、本紙が取材した大会の写真約987枚をご覧いただけます。紙面に載らなかった写真も多数! 輝くあなたや家族、友人が写っているかも。がんばった証しに、仲間との思い出に、チェックしてはいかがでしょうか?

 >> https://okinawa.epitas.com/


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄空手のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS