沖縄タイムス+プラス ニュース

知事の承認撤回表明、地元・名護市は… 渡具知市長「今後の推移を注視」

2018年7月28日 07:36

 辺野古を抱える名護市の渡具知武豊市長は27日、「知事の権限にかかることであり、コメントする立場にはない。当事者の県と沖縄防衛局の間で、法令に従ってやりとりがなされるものと認識している」と述べ、「市としては今後の推移を注視していくほかない」と従来の見解を示した。市庁舎で報道陣に答えた。

翁長雄志知事の「埋め立て承認撤回」表明を受け、記者団の質問に答える渡具知武豊名護市長=27日、名護市役所

 また、埋め立て承認撤回に伴う県と国の訴訟の結果が、辺野古移設に対して賛否を明らかにしていない自身の立場に影響するかどうかを問われ、「裁判の推移を見守る」と繰り返した。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS