沖縄タイムス+プラス プレミアム

【記者の視点】埋め立て承認撤回 「困難」でも切った最終カードの、政治的覚悟

2018年7月28日 12:28

 沖縄県の翁長雄志知事が名護市辺野古の埋め立て承認の撤回に踏み切る。公有水面埋立法を所管する土木建築部が現時点で「困難」とみる状況で、法的な要件がそろっていないのではないか、という疑念を抱く人は少なくない。決断の背景に「オール沖縄」を瓦解(がかい)させてはいけないという知事の思いを感じざるを得ない。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS