帝国書院の高校社会の教科書は基地と沖縄振興の記述を訂正した これに、堂故文科政務官は「修正を求めるまでの記述ではなかった」 基地維持と予算のリンクを容認するような考えで、沖縄から反発も