誰もが虫には刺されたくないと思っている。それは痛みやかゆみ、しかもその後にくる、正体のしれない不快さを知っているからだ。 虫刺されという現象は基本的に「痛み」と「毒性」に分けられる。刺されたとき、痛みがあっても毒性が弱い虫もいる。