1959年に沖縄県の旧石川市の宮森小学校とその周辺住宅地で起きた米軍機の墜落事故を学び、子どもたちの平和学習に役立てることを目的とした研修会が7月25と27の両日、うるま市内で開かれた。宮森小と昨年12月に運動場に米軍普天間飛行場所属ヘリの窓が落下した宜野湾市立普天間第二小学校の教員が参加した。