超高齢社会に突入した日本では、自活できる健康寿命を延ばすことが大変重要になってきました。年をとると老衰状態に陥り、何らかの介護を受けるようになります。フレイルとは虚弱を意味する英語Frailtyから出た言葉で、介護の必要はないが筋力や心身の活力が低下した状態のことです。