沖縄空手

外国人門下生に伝授 空手「平和の心」世界へ 新垣道場

2018年8月6日 09:45

 オーストラリアやアイルランドなど世界松林流の海外支部の門下生ら30人が第1回沖縄空手国際大会に合わせて来沖し、那覇市識名の新垣道場で伝統の型や礼儀作法を学んでいる。

型を練習する海外の門下生=4日、那覇市識名・新垣道場

 松林流は欧州や米国など海外に70カ所の支部があり、門下生たちが年に数回、沖縄に研修に来るという。今回訪れている門下生では4人が道場を持ち、自国で沖縄空手を継承している。

 新垣敏光館長は「伝統の型を守っていくと同時に、争わない世界を目指すという空手の目的を練習から理解してほしい」と語った。

 今回で7回目の研修訪問になるアイルランドのマーティン・オマリーさん(38)は「平和を大切にする沖縄空手文化を自分の生徒たちに教えたい」と意気込みを語った。(社会部・徐潮)

【全沖縄少年少女空手2018】輝くあなたが写っているかも!

 

 「沖縄タイムス フォトギャラリーDL」では、本紙が取材した大会の写真約987枚をご覧いただけます。紙面に載らなかった写真も多数! 輝くあなたや家族、友人が写っているかも。がんばった証しに、仲間との思い出に、チェックしてはいかがでしょうか?

 >> https://okinawa.epitas.com/


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄空手のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS