早稲田実業の斎藤佑樹、駒大苫小牧の田中将大らの活躍に沸いた2006年夏の甲子園。そして、南の島から巻き起こった旋風も大きな話題をさらった。春のセンバツ一般枠で離島勢初の甲子園の土を踏み、夏も聖地に帰ってきた八重山商工。小細工不用の爽快なチームを、投打でけん引したのが金城長靖だ。