沖縄タイムス+プラス ニュース

「埋め立て許さない」辺野古のゲート前に100人 前名護市長の姿も

2018年8月7日 11:08

 名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では7日午前、新基地建設に反対する市民ら約100人が集まり、「子どもたちの未来に米軍基地はいらない」などと声を上げた。

「子どもたちの未来に米軍基地はいらない」と声を上げた市民たち=7日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 沖縄平和運動センターの山城博治議長は、新基地建設阻止に向けた集中行動が2日目を迎えたことに「国家権力に負けず、埋め立てをさせない決意を示し、全国、世界に沖縄の思いを広げよう」と訴えた。

 前名護市長の稲嶺進さんは「必ず新基地建設を止めよう。安倍政権にも、暑さにも負けない」と訴え、11日に那覇市の奥武山陸上競技場で開催される県民大会への参加を呼び掛けた。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS