沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古、市民ら30人が抗議続ける

2016年5月1日 12:54

 【名護】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では1日午前、新基地建設に反対する市民が最大約30人集まり、抗議を続けている。前日から海上で始まったフロート撤去について「臨時制限区域は解除されていない。見せかけにごまかされず、しっかり抗議の声を上げていこう」の意見が上がり、大きな拍手が起きた。座り込みは665日目。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気