引退が迫る歌手の安室奈美恵さん(40)の古里、沖縄に住むファン4人が、安室さんへの感謝の気持ちを伝える新聞広告を掲載しようとインターネット上で協力を呼び掛けていたクラウドファンディングが8日、目標額の300万円を突破した。感謝の言葉と支援者の名前が記された広告が、引退日の9月16日付の沖縄タイムスに載る予定。

ファン4人が立ち上げた「沖縄から届け 安室奈美恵さんありがとうプロジェクト」

 クラウドファンディングは「安室奈美恵さんありがとうプロジェクト 沖縄から届け」と題し6月3日にスタート。8月8日午後2時半現在、1151人から307万7128円が集まっている。支援受け付けは8月16日まで。

 4人は多くの支援に感謝するとともに「素晴らしい紙面にして、奈美恵さんにはもちろん、みなさまの手元に必ずお届けいたします」とコメントしている。

 安室さんのファン有志による新聞広告で感謝を伝える企画は全国規模でもクラウドファンディングが展開され、3日に目標額の1千万円を達成。9月16日付の朝日新聞に掲載される予定。