沖縄タイムス+プラス ニュース

「魂の飢餓感」翁長知事が訴えたこと 動画で振り返る

2018年8月8日 22:55
2017年3月、辺野古のゲート前で開かれた集会に参加した翁長知事

 膵臓(すいぞう)がんの治療中だった沖縄県知事の翁長雄志氏が8日、浦添市の病院で死去した。67歳だった。那覇市長を経て2014年の県知事選で初当選。米軍普天間飛行場の県内移設に反対する「オール沖縄」勢力をリードし、辺野古の新基地建設阻止を訴え続けた。基地問題で沖縄の思いが本土に届かない理不尽さを「魂の飢餓感」と表現した翁長知事。その軌跡を沖縄タイムスが撮影した動画で振り返る。

<2014年>沖縄県知事に当選

翁長氏が当選 沖縄県知事選挙 現職仲井真氏に大差(2014/11/16)

 

<2015年>県民大会、国連で基地問題訴え

「ウチナーンチュ、ウシェーティナイビランドー」(沖縄の人をなめてはいけない)
3万5千人が参加した辺野古反対県民大会(2015/05/17)

 

「辺野古の状況見てください」翁長知事、国連人権理で声明(2015/09/21)

 

<2016年>米軍属事件の被害者を悼む

翁長知事「負けてはいけない」 米軍属事件の被害者を追悼する県民大会(2016/6/19)

 

<2017年>埋め立て承認撤回すると明言

翁長知事、辺野古に立つ 埋め立て承認撤回を初明言(2017/03/25)

 

辺野古の海守る 新基地反対県民大会 オスプレイに抗議(2017/08/12)

 

<2018年>がん公表、承認撤回を表明

翁長知事が退院 腫瘍は膵がん 知事選対応は明言せず(2018/05/15)

 

翁長知事「辺野古」阻止へ 埋め立て承認撤回を表明(2018/07/26)

 
沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS