沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り県は9日、埋め立て承認撤回に向け、沖縄防衛局の意見や反論を聞き取る「聴聞」を県庁内で開く。翁長雄志知事は8日に死去したが存命中に撤回を表明しており、行政手続きとして聴聞を実施する。防衛局は職員が聴聞に応じる見通しで、聴聞を終えれば承認撤回の環境が整う。