射るような瞳でスクリーンを見つめ、高音の遠慮のない笑い声に心が緩む。私の映画デビューが父の大好きな任侠(にんきょう)映画だった事を思えば、この作品の客席の反応は何ともうらやましい。 家族全員が特殊能力を持ち、その力で数々の犯罪を防いできたインクレディブル一家。