台風14号(ヤギ)は12日午前6時現在、宮古島の北北西約50キロにあり、 時速20キロの速さで西に進んでいる。12日未明に宮古島地方に最接近し、その後、東シナ海を北西に進む見込みだ。

台風14号進路予想図(12日6時現在、気象庁HPから)

 中心の気圧は990ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。中心の東側500キロと西側280キロでは、風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 宮古島地方では12日の明け方まで、最大風速20メートルの非常に強い風が吹く見込み。12日にかけ、沖縄本島地方は最大18メートル、八重山地方は最大17メートル、大東島地方は最大15メートルの強風が予想されている。

 沖縄地方の沿岸の海域では、本島地方で高さ5メートル、大東島地方、先島諸島では4メートルの波が予想されており、しけや波の高い状態は13日まで続く。

 空や海の便の欠航も相次いだ。琉球エアーコミューター(RAC)、ソラシドエア、ジェットスター、ピーチなど計38便が欠航。約3600人に影響が出た。ジェットスターは、12日の那覇-成田便の欠航も決めた。

 沖縄旅客船協会によると、沖縄本島と離島、九州を結ぶ便など84便が欠航した。12日の運航は鹿児島と那覇を結ぶ1便が欠航を決めており、そのほかは同日朝に判断する予定。