大弦小弦

[大弦小弦]はさみがおかしい。紙が切れず、刃に挟まるだけ…

2018年8月13日 08:03

 はさみがおかしい。紙が切れず、刃に挟まるだけ。何度か試して気付いた。右利きなのに左利き用を使っていた。左利きの人は「右利き社会」で日ごろこういう苦労を味わっているのだろう

▼きょう8月13日は沖縄では沖国大ヘリ墜落事故の日、世界では「国際左利きの日」。10人に1人の少数派にも暮らしやすい社会、使いやすい道具を求め、各地で催しがある

▼左利きは右利きに比べて平均9年短命だという統計調査が20世紀にあった。今では科学的に反論されている。子どもを右利きに矯正するのは個性の否定、人権侵害で、ストレスの害が多いという。社会の側が受け入れる工夫をすべきだという指摘はうなずける

▼実は人類の祖先には、右利きは6割しかいなかったという。「左右学」を提唱する埼玉大の西山賢一名誉教授はこんな仮説を示す。石器や言葉を生み出す過程で論理を担当する左脳が発達し、その左脳とつながる右手を使う人が増えた

▼では左利きはなぜ残ったのか。左手とつながる右脳は直感に作用する。左利きの独創性が周囲に必要とされたとみる。「生物は多様性を頼りに生き延びてきた」

▼ダビンチ、アインシュタイン、ベートーベン、ピカソ。確かに左利きの天才は多い。困難を生き、人類に貢献する。調べるほどに、左利きへの畏敬の念が湧いてきた。(阿部岳)

ルポ 沖縄 国家の暴力 現場記者が見た「高江165日」の真実
阿部 岳
朝日新聞出版 (2017-08-21)
売り上げランキング: 5,370

あわせて読みたい

関連リンク

大弦小弦のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS