2004年8月に米軍普天間飛行場所属のCH53D大型輸送ヘリが沖縄県宜野湾市の沖縄国際大学に墜落・炎上した事故から14年となる13日、沖国大は墜落モニュメント前で集会を開いた。前津榮健学長は声明で、「米軍基地があるが故の危険性は周知の事実。