【宜野湾】宜野湾市立博物館で開かれている「『大』昆虫展~小さな昆虫たちの大きな世界~」の来場者が13日、3500人を超えた。同館の夏の企画展で来場者数が3千人を超えるのは初めて。子どもに人気のへラクレスオオカブトや国の天然記念物ヤンバルテナガコガネなどの標本1500点以上が並ぶ。

来場3500人目となり記念品を贈られた高江洲さくらさん(後列左)と颯君(中央)、桜里ちゃん(前列左)親子。右は千木良芳範館長=13日、宜野湾市立博物館

(資料写真)ヤンバルテナガコガネ

来場3500人目となり記念品を贈られた高江洲さくらさん(後列左)と颯君(中央)、桜里ちゃん(前列左)親子。右は千木良芳範館長=13日、宜野湾市立博物館 (資料写真)ヤンバルテナガコガネ

 3500人目の来場者は市内に住む高江洲さくらさん(32)と長田小2年の颯君(7)、桜里(さり)ちゃん(4)の家族。颯君は「昆虫が大好きで、よく妹と一緒に捕まえに行く。ヘラクレスオオカブトがあんなに大きいとは思わなかった」と話し、笑顔で千木良芳範館長から記念品を受け取った。入場無料。9月30日まで午前9時から午後5時。休館は毎週火曜と祝日。