沖縄タイムス+プラス プレミアム

政府、辺野古埋め立てで承認撤回延期を県に要請

2018年8月14日 13:00有料

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、政府が県に対し、翁長雄志知事が表明した辺野古沖の埋め立て承認撤回について、延期するよう要請していたことが分かった。県関係者が13日、明らかにした。これに関し県幹部は同日、防衛省沖縄防衛局が土砂を投入する前に撤回に踏み切る意向を示した。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

「そもそもGoToの旗振り役は…」 沖縄県、菅氏の苦言に不信感

「翁長氏の貯金を食いつぶす」 遅かった知事の陣頭指揮

「やばい、知事の遺言が残ってた」動揺する記者 急転直下、裏取り急ぐ

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。

連載・コラム
きょうのお天気