沖縄県文化観光スポーツ部(嘉手苅孝夫部長)は14日、県の観光ブランド戦略推進事業「Be.Okinawa」に、県出身の歌手の安室奈美恵さんが無償で協力すると発表した。安室さんから提供された写真や楽曲を使用し、沖縄の美しい自然やあたたかい人たちに囲まれた島を、国内観光客にPRする。安室さんのポスターや楽曲が使われた動画は、9月16日の引退の日までの期間限定。

Be.Okinawaのプロモーションに使われる安室奈美恵さんのポスター=14日、県庁

「Be.Okinawa」ブックレットに掲載された安室奈美恵さんの写真とメッセージ=14日、県庁

沖縄観光をPRする「Be.Okinawa」の限定ブックレット

Be.Okinawaのプロモーションに使われる安室奈美恵さんのポスター=14日、県庁 「Be.Okinawa」ブックレットに掲載された安室奈美恵さんの写真とメッセージ=14日、県庁 沖縄観光をPRする「Be.Okinawa」の限定ブックレット

 安室さんから提供された写真を使い、ポスター300枚と限定ブックレット3千部を作成。人気楽曲「Tempest」を使ったPR動画も16日から公開する。動画に安室さんは出演しない。

 ポスターは、北谷町のアラハビーチで撮影されたという。8月16日から東京都池袋駅にある東武百貨店で開かれる「島の恵み、あふれる。沖縄展」などで展示し、県内では16日以降、県庁1階の工芸展示室などで展示する予定。

 ブックレットは「Be.Okinawa」のキャンペーンを店頭で展開する東京代官山、大阪梅田の蔦屋書店で配布。SNS上でPRに貢献した人など一定の条件がある。

 楽曲を使用した動画は、池袋のサンシャインビジョンなどで放映予定のほか、公式サイト(http://beokinawa.jp/jp/)で16日午前9時から公開される。

 安室さんの引退を前に、沖縄市のプラザハウスでは、展覧会「namie amuro Final Space OKINAWA」が開かれており、多くのファンが訪れている。