沖縄タイムス+プラス ニュース

翁長氏の後継、8月30日までに擁立めざす 候補者は次回提示へ

2018年8月15日 13:32

 県政与党や労働組合などでつくる「調整会議」(議長・照屋大河県議)は14日、那覇市内で6回目の会合を開き、急逝した翁長雄志知事の後継候補を選ぶ作業を開始した。次回会合で、調整会議を構成する政党や労組など各組織が具体的な候補者名を挙げ、人選を加速させる方針だ。

故翁長雄志知事

 照屋氏は会合後、記者団の取材に応じ、後継候補の条件を「翁長知事の遺志を受け継ぎ、建白書の実現に全力で取り組むこと」と説明。知事選に向け市町村支部の立ち上げも急ぐことを明らかにした。関係者によると、投開票1カ月前の8月30日までの擁立を目指すという。

 また、この日、知事選に向けた政策検討委員会も立ち上げた。照屋氏は「翁長知事の遺志を引き継ぎ、火を消してはならない。候補者選考は重要な作業で、早急かつ丁寧に進めたい」と述べた。新たな選考委員会は発足させず、調整会議内で人選を進める。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「やばい、知事の遺言が残ってた」動揺する記者 急転直下、裏取り急ぐ

 名護のトラウマ 沖縄知事選「接戦」報道に疑念 予想的中した現場感覚

 「なぜあんたが出ない」革新側に吹き続けたすきま風 宜野湾市長選の舞台裏

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS