【運転手メシ番外編 インターンメシ】

わくわく

 みなさん、こんにちは!

 沖縄タイムス社でインターンシップをしている島袋加奈子と申します。不慣れな文章ではありますが最後まで読んでいただけるとうれしいです。

 今回は那覇市久茂地にある、沖縄そば屋「琉球茶房すーる」に行ってきました。

看板にもセンスがあります

 行き方は簡単。パレットくもじの隣にあるモノレール「県庁前駅」から久茂地川沿いにまっすぐ350メートル歩くと到着です。

写真手前右がモノレール駅です


 モノレールの線路沿いにまっすぐ進みます。

空がまぶしいです

 

「沖縄そば」と書かれた赤いのぼりが目印です。ブーゲンビレアがきれいですね。

沖縄そば! 主張しています


赤瓦屋根に沖縄らしさを感じます。

THE沖縄って感じです



 店内は木のぬくもりにあふれた空間となっており、初めてでもどこか懐かしさを味わえる雰囲気です。

木造の店は珍しいですね

 オフィス街の近くにあることや、お昼時だったことも重なり、ランチタイムのサラリーマンの方で賑わっていました。テーブル席と座敷があり、お子さん連れの方にもオススメです。
 

お昼時は混雑します。人気店です



そして、気になるメニューはこちら!

メニューです


 ソーキセットの「小」か「大」で迷っていたので、店員さんに「どのくらいのサイズですか?」と聞くと、なんとわざわざ器を持ってきてくださいました。お忙しいのに、店員さんの優しさに感謝です。ありがとうございました。
 

ちょっと分かりにくいですが、深さが違います


小食(笑)の私は「ソーキセット小850円」を注文し、さんぴん茶で喉を潤しながらを待っていると・・・ 

さんぴん茶です


 じゃ~ん!!  注文後ほとんど待つこともなくソーキそばがやってきました。器も美しく、さらに食欲がそそられます。

ソーキそばセット(小)です

 お好みで紅ショウガや七味、コーレーグスを入れてください。私は何も入れずそのままいただきましたよ。

ソーキとは豚のスペアリブ(あばら骨の肉)です
 

 麺はストレートの細麺で私好みでした。

どうです。おいしそうでしょ


ソーキはとても柔らかく、ボリュームたっぷりでした。

味付けがまた・・・


そして、あっさり系のスープはとても美味しく「すーる」の人気の理由が分かりました。だしはカツオと昆布、あとは「企業秘密」だそうで、さすがに教えてもらえませんでした。いろいろなものをブレンドしているため、コクが出て深い味わいになっているそうです。

スープが透き通ってきれいです


 セットなので、そばの他にも「じゅーしー」がついてきました。ネギたっぷりでとても美味しく何回でもおかわりできそうです。

ジューシーとは「雑炊」のことです。

完食しました。食後のコーヒーのサービスもあって、大満足です。

完食しました。ダイエットは明日からです


お箸の袋にスタンプが押されていて、このような心配りが「また行きたい」という気持ちにつながりますよね。

こちらこそ、ありがとうございました!

ぜんざいなどのデザートメニューもあるそうなので、次回は必ず食べたいと思います。

デザート系と、ビールもあるんですね

 営業時間は11:30~17:00。日曜日は定休日です。

紅型です

 沖縄の雰囲気を味わいたい観光客の方はもちろん、舌の肥えた地元沖縄そば通の皆さんも満足できると思います。「琉球茶房すーる」。ぜひ行ってみてはいかがでしょうか!