球児たちの1世紀 夏の甲子園100回

安仁屋宗八の甲子園始球式、よみがえった記憶 沖縄高でバッテリー組んだ粟國信光

2018年8月22日 12:22

 終戦記念日の15日、大会第11日の始球式。1962年、県勢で初めて夏の甲子園に自力出場を果たした沖縄高(現沖縄尚学)のエース、安仁屋宗八(73)がマウンドに立った。当時バッテリーを組んでいたのは粟國信光(74)だ。始球式をテレビで見て、よみがえった56年前の記憶。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気