【中部】第3次嘉手納基地爆音差止訴訟原告団(新川秀清団長)は16日、騒音の実態調査のため原告約7500世帯に配布した「嘉手納爆音日誌」の集計結果を初めて発表した。日誌は米軍機による騒音の時間帯や回数などを記録するもので4月12日から6月30日までの記録を約270世帯から回収。