沖縄県内への観光客数が増加傾向にあるムスリム(イスラム教徒)向けに戒律ハラールに対応した冷凍和食を、東京のハラルフードサービス(HFS、馬場隆光社長)が開発し、7月から県内での販売を計画している。