沖縄空手

フランスで上地流広めて35年 島袋幸信氏 技と武の心、指導に熱

2018年8月19日 19:00

 欧州上地流空手道協会の技術顧問で上地流宗家範士9段の島袋幸信氏(76)=浦添市出身=は今年、フランス移住35年目を迎える。欧州でも空手が盛んな地で自身の道場を持ち、家庭を築いて根を下ろした。現在は弟子、孫弟子も続々と独立し、島袋氏の空手を継ぐ現地道場は15に上ぼる。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気