沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄代表・興南が甲子園で試合中、沖縄タイムスに響き渡った“副音声”の正体

2018年8月21日 13:14

 沖縄では、甲子園での代表校の試合になると「電話がかかってこない」「道路に車が走っていない」など、本当にそうなの? と思うあるあるが複数存在しています。

 今回、沖縄タイムスでインターンをしているので、8月15日にあった第100回夏の甲子園の二回戦、「興南ー木更津総合」の試合中の沖縄タイムス社の様子を調査しました。

 マスメディアにも本当に電話がかかってこないのか、FAXは何枚くるのか、新聞社の人がどのように高校野球の時間を過ごしているのか。まとめようと思いましたが、社内中に響き渡る“副音声”(運動部の磯野直部長)が気になり、路線を変更しました。

 午前11時8分。
 「ウーーーーー」。
 試合開始のサイレンが鳴り響きます。
 

 沖縄代表、興南高校は3年ぶりの3回戦進出をかけた試合とあって、皆さんお仕事中ですが、テレビの前に立ち、真剣な様子で見つめています。

こちらの男性は運動部の磯野直さんです。

テレビを見なくても、磯野さんの声だけで試合内容が分かる、と社内で評判のリアクション。
バッターボックスに立つ興南に「ボール選んで行けー!」と応援の声がフロアに響き渡ります。


興南にチャンスはありましたが、どちらも無得点のまま1回が終了。この時点で電話は一本もかかってきていません。

2回表。木更津総合に先制の1点を許します。
「まだまだこれから!!」と磯野さん。

途中、チャンネルが切り替わる際に慌ててしまい、焦りからかメジャーリーグのチャンネルに変えてしまいます。

ハラハラする試合展開にテンションも上がり、
「遊んでいるように見えるだろうけど、これは仕事なんだ!」
と言いながらスコアを書く磯野さん。
素晴らしい仕事ぶりです!
 

3回裏で正午に。この日は終戦記念日のため、試合を中断し選手たちは黙とう。磯野さんも立ち上がり黙とうをします。

約1分後、試合が再開され、3、4回とも両者0点にとどまり、5回に突入。

磯野さんはテレビに集中していたいものの、スコアを書くために机に向かったり、応援をしたり、相変わらず動きが忙しいです。


【磯野さんの隣で観戦する筆者】

【磯野さんの隣で観戦する筆者】
 

素振りをしている興南バッターを見て、「タイミングはいいよ」と褒めます。
しかし、木更津総合がここでホームラン! 
社内に「あーーーー」という叫び声が響き渡ります。
興奮して体温が上がったのか「あつい!!」と言いながら上着を脱ぐ磯野さん。

6回表。興南の宮城大弥投手が、けん制により、ランナーをアウトにするなど大健闘。
「いいプレーだ!」と応援する熱も上がります。

そして、この時点でついに電話が数回かかってきてしまいましたが、FAXはまだ一通もきていません。

7回表。ここでまたしても木更津総合に1点を許してしまいます。
点差が広がることに焦り、思わず立ち上がってしまった野球初心者の私に「落ち着いて!」と席に座るように促す磯野さん。


8回表には、木更津総合にさらに2点を許してしまいます。
 

【悔しがる磯野さん】

ここで気づいたのですが、磯野さんの口癖が「ちきしょう!」だということです。
「ちきしょう!」と本当に言ってる人は人生で初めて見たかもしれません(漫画ではあるのですが・・・)。

磯野さんの悔しそうな「ちきしょう!」という声に笑っていたのは、後ろのソファでお昼ご飯を食べていた特報チームの下地由実子記者と社会部の西江千尋記者。

磯野さんに、
「テレビがあるところで飯を食え!」
「応援しないと負けるぞ!」
と言われ、磯野さんの熱い思いに立ち上がる二人。
 

木更津総合に圧倒されている興南に「元気出せ! 下向くな! まだ終わってないよ!」とさらに激励。
 

9回表。ここでまたしても木更津総合が2点追加。

「だめだ・・・終わった・・・」
と諦めた磯野さんを見て笑う下地記者と西江記者。

9回裏。
ついにFAXが一枚届きました。
磯野さんの携帯にも着信が入りましたが、「今は取れない!」と言い、電話を切ります。流石です。
しかし社内の皆さんは諦めモードなのか、テレビ前にも人がいません・・・。
 

そして、1番バッターの根路銘太希選手がライトフライを打ち、0-7で試合終了。

しかし、試合が終わっても磯野さんの仕事は終わりません。記事を書くことに奮闘しています。

そして本題の甲子園あるある(磯野さんメインになりましたが)の結果は、
沖縄タイムス本社(那覇市久茂地)のある近辺の国道58号線の交通状況

試合前の10:28はこちら

試合中の12:48はこちら

確かに試合中の方が交通量が少ないことが分かりました。

電話も約二時間にも及ぶ試合中、編集局全体に数本しかかかってきませんでしたし、FAXは社会部に一通という結果になりました。

3回戦進出はなりませんでしたが、興南高校野球部の皆さんお疲れ様でした!
 

【磯野さんに着るのを忘れられた寂しそうな興南の応援Tシャツ】


(インターン:沖縄国際大学3年 島袋加奈子)

>>高校野球 そのほか写真を見る


基地で働く―軍作業員の戦後
沖縄タイムス社
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 352,603

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
アサヒ飲料が「健康長寿おきなわ復活」に向けてのヒントを紹介します。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。