石垣島の星空の魅力を発信する「南の島の星まつり」(主催・同実行委員会)が11~19日、石垣市内で開かれた。18日の公開挙式「星空ウエディング」は、悪天候のため会場を市中央運動公園屋内練習場に変更し開催。八重山商工高校の生徒が新婚夫婦の晴れ舞台を演出し、多くの来場者が2人の門出を祝福した。

「星空ウエディング」で祝福を受け笑顔を見せる濱元翔さん(右)と、長女の一華ちゃんを抱いた妻の妃奈子さん=石垣市中央運動公園屋内練習場

「星空ウエディング」を企画した一人で新婦妃奈子さんの妹、新里穂乃花さん(左)=石垣市中央運動公園屋内練習場

「星空ウエディング」で祝福を受け笑顔を見せる濱元翔さん(右)と、長女の一華ちゃんを抱いた妻の妃奈子さん=石垣市中央運動公園屋内練習場 「星空ウエディング」を企画した一人で新婦妃奈子さんの妹、新里穂乃花さん(左)=石垣市中央運動公園屋内練習場

 星空ウエディングは6回目で、今回初めて同校観光コースの1~3年生54人が企画から会場設営、運営まですべて担当。昨年度からウエディングに関わる専門業者らに心構えや技術を学び、半年がかりで準備を進めてきた。

 祝福を受けたのは市新栄町の濱元翔さん(26)=糸満市出身=と妃奈子さん(22)=石垣市白保出身。月や星空をテーマに演出された会場で身内や多くの観客らに見守られながら、指輪交換や誓いのキスで永遠の愛を誓った。歌手の夏川りみさんらも歌で祝福した。

 2人の挙式は妃奈子さんの妹で企画に携わってきた観光コース3年の新里穂乃花さん(17)が申し込んで実現した。出産や育児でドレスを着られないまま結婚した妃奈子さんの願いをかなえ「少しでも夢のような時間を過ごしてほしい」との思いで応募した。

 穂乃花さんはサプライズで星空をイメージした特別なブーケを用意し、ステージで手紙を朗読。「島に広がる満天の星のように本当にきれい。準備を進める中でつらいこともあったけど、きょうの笑顔を見て吹っ飛びました。これからも笑顔が絶えない家族をつくって」とエールを送った。

 妃奈子さんは「地域の方々にも祝福していただき、楽しくて感動的だった」と目を潤ませ、翔さんは「緊張したが、感謝の気持ちでいっぱい。笑顔の絶えない家庭を築きます」と笑顔を見せた。

 星まつりメインの星空観望会と夕涼みライブも18日、開かれた。