農地確保の難しさが壁となり、新規就農者の数が頭打ちとなっている。沖縄県は、2012年からの10年間、新規就農者を毎年300人確保することを目指しているが、17年は285人にとどまり、初めて目標値を割った。