沖縄県名護市辺野古の新基地建設の根拠となる埋め立て承認撤回に向け、県の手続きがほぼ終了した。謝花喜一郎副知事は近く撤回に踏み切るとみられ、工事中断を余儀なくされる国側は法的な対抗策とともに、県への補償や損害賠償の請求を検討している。