漫才とコントで笑いの総合力を競う「アグレお笑いバイアスロン2018」(琉球朝日放送主催)の決勝が25日、那覇市のタイムスホールであり、敗者復活枠から勝ち上がったありんくりんが初優勝した。4連覇中のリップサービスが2位、ドラゴンエマニエルが3位だった。

初優勝に喜ぶありんくりんのクリスさんとひがりゅうたさん=25日、那覇市・タイムスホール

初優勝に喜ぶありんくりんのクリスさん(右から3人目)とひがりゅうたさん(同4人目)=25日、那覇市・タイムスホール

初優勝に喜ぶありんくりんのクリスさんとひがりゅうたさん=25日、那覇市・タイムスホール 初優勝に喜ぶありんくりんのクリスさん(右から3人目)とひがりゅうたさん(同4人目)=25日、那覇市・タイムスホール

 ありんくりんのクリスさんとひがりゅうたさんは前半の漫才で2位、後半のコントで1位の得点を獲得して総合点で優勝。得意のしまくとぅばのネタに歌三線や太鼓を盛り込むなど、勢いのある笑いを作り上げた。

 クリスさんは「ずっとくすぶっていたけれど、やっと成長をみせられた」とステージ上で喜びを語った。

 6回目となる今大会は県内外から82組がエントリー。敗者復活を含む8組で決勝を争い、同局が公開生放送した。審査員は高須光聖さんや鮫肌文殊さんら5人の放送作家が務めた。