沖縄県内には、約1900人のフィリピン人が在留する。戦後の米軍駐留により多くの外国人労働者が沖縄に流入し、1950年代後半にはフィリピン人の労働者だけで6千人を超えていたという。